YoungYoung

オリジナル&芸能人(主にラルク)のイラストと、レビュー、日記などのごった煮サイト

diary media

2005年ベストムービー

オリコンサイトのこの特集記事(→記事リンク
これって「2005年観客動員数」じゃなくて「ユーザーが選ぶ2005年ベストムービー」なのね。
この中だったら私は「電車男」に一票。
「チャーリーとチョコレート工場」は見ようと思いつつ、忙しくしてるうちに公開終わってた。がっくし。
オリコンってこういうランキングちょこちょこやってて結構面白い。
ある程度「作られた」ランキングである感は否めないが…。
主演男優ランキング主演女優ランキング
女優は中島美嘉が1位ですか。主演女優としてっていうよりNANAブームを総括してって感じがするけど、おかげで主題歌も売れてくれたし、ライブで生ブラスト見れたし、NANAブーム万々歳(笑)
次作はどーなるんだろ。
しっかしこうやって男女別ランキングでみると田中麗奈って女性人気ねえなー(苦笑)
長澤まさみみたいなタイプが女性に好かれないのはなんとなくわかるけど、田中麗奈が好かれない理由ってよくわからん。(逆に男性に5位って人気の理由もよくわからないけど)
田中麗奈の映画というと「ドラッグストア・ガール」が好きでした。
2005年の映画と言えば、今週のDVDランキング1位と3位が劇場版ハガレンのようだ。(→記事リンク
2位の「ステルス」も合わせれば、ラルク系音楽タイアップ映画でTOP3独占ですな。(ステルスのタイアップは全くといっていいほど効果無いと思うけど)
ハガレン、正直あれは……映画的にイマイチだと思った。
というのもあの映画における「戦争の動機」がよくわからない。
戦争イクナイ!って言いたいのは分かるけど、ただやみくもに戦争を仕掛ける悪役を登場させてその中で反戦を主張しても陳腐な気がしてしまうんだよな。ハウルとかもそうだったけど。
子ども向け映画だから、って言っちゃえばそれまでだが、エエーって思ったのはその点だけで、その点がしっかりしてないから全体的に台無しになってるって印象がした。
せっかく現実世界の世界第二次大戦前ドイツとLinkさせたのにその設定が生かし切れてないなぁと。惜しい。

-diary, media