YoungYoung

オリジナル&芸能人(主にラルク)のイラストと、レビュー、日記などのごった煮サイト

diary pc&web

トラックバック文化圏

最近トラバスパムがスパム界の流行りらしい。
んでブログツール&サービスもそれに伴ってスパム対応策を求められてる。
ライブドアブログがスパムトラバ対応策として「そのブログへのリンクのないトラバは送れない」という方針を打ち出したときは、おいおいそんな極端なっと思ったけど、それぐらいしなければ防げなかったってことだろうなぁ。(FC2ブログでは、リンク無しトラバをはじくかはじかないかは管理画面で設定できる。まあこれが無難だろうな…。)
前までうちのブログでもコメントスパムとトラバスパムにはだいぶ悩まされていたが、スパムフィルタが装備されたMT3.2にアップしてからは至って快適。
トラバを受け取ったとき、「スパムだ」と感じるボーダーラインはどこか。
例えばエントリーが「ラルクの新曲の感想」だった場合として考えて。
トラバ元のエントリーの内容が
1、新曲の感想、さらにYoungYoungへのリンクもある
2、新曲の感想ではないがYoungYoungへのリンクがある
3、新曲の感想記事だが、YoungYoungへのリンクは無し
4、新曲の感想ではないがラルクがらみの話題。リンクも無し
5、全くもってラルクがらみの話題ではない。もちろんリンクなんか無い

だいたいこんな感じで分類するとして。
1の場合は大変嬉しいです。もうトラバのベストの形。
エントリーにそこのブログの感想が無くても「ここの感想がおすすめです」と言ってもらったり、もしくは「こちらではこう書かれてますが私はこの件についてはこう思う」っていう異議あり意見でも、ああちゃんと読んでくれてるんだなーって感じがするので大変有り難いです。
2の場合は、最近では主に「○○バトン」の類がここに入るのではないかと。トラバ活用の変形ですが、基本的にバトンは嫌いじゃないです。自分語りしたがりなんで(笑)
3は私自身は内容に関連性があればリンクは必ずしも必要ではないと思ってますので、OKの範囲内です。ただこれは人によっては嫌がられる場合もある微妙なところですね。
4はブログサーチで検索して、その単語に引っかかるブログに一斉トラバしてるのかなと思われる場合。なので内容に関連性が低い場合はうちでは消去してます。大抵そういうところって広告バンバン貼ってあるけど文章おざなりみたいな内容のないブログが多いんだもん(´・ω・`)
5はもう、まうごとなきスパム。ていうか氏ね。女の下半身事情なんか興味ねーから送ってくんな。(しかし最近スパム発信源といえばアメーバブログって感じですね。これってアメブロさんに優秀な技術者がいないって宣伝されちゃってるようなもんだと思うけどな…。)
っていうか「エッチな女子大生○○のブログ(^^)」みたいな、あからさまにスパムくさいタイトル見ただけでティンコ膨らますようなヤツって存在するのか!?してるからスパムが無くならないんだろうなぁ。やっぱ。
うちのサイトではこんな感じ。
このへんのボーダーラインは人によって様々なので、一概にどこまでOKかというのは違うけど、だいたい4の前後ではないかと思う。
で、そのボーダーラインの違いをまとめたこちらの記事がおもしろかった。
→トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突(絵文録ことのは)
音楽系ファンサイトの場合、あんまり「関連仲間文化圏」の感覚はないような気がする。
この図で言うと「言及リンク文化圏」が一番近いかな。
でもラルクみたいに女性ファンが多い場合「ごあいさつ文化圏」要素も含まれてる気がするので、そこらへんの複合系ですかねえ。(逆にハロプロ系みたいな男性ファンが多いブログってどうなんだろ?)
この文化の相違を知らないで、他ジャンルにうっかり足を踏み入れちゃうと、えらいことになりそうですね。
例えば「ハガレンを見てラルクにはまりました」という人がいたとして、その「アニメ系ブログ」のノリでラブログの人全員に言及無しトラバ送ったらSPAM野郎扱いされちゃうわけだ。
ネットでも郷に入れば郷に従えってことですね。

-diary, pc&web