YoungYoung

オリジナル&芸能人(主にラルク)のイラストと、レビュー、日記などのごった煮サイト

diary larc

HYDE@宜野湾海浜公園屋外劇場

てなわけで行ってきました沖縄。
終演後に鈴木さんとばったり会った時「あ、ヤンヤンさんも来てたんですね」と言われて「来てないはずないじゃないですか」と返してしまった自分にどうなんだと思いつつ(笑)
今回のツアーは、「簡単でもいいからとりあえず行った全公演分の感想を書こう」と思ってやってきたんですが、今回でおしまい。さみしいねえ。


・登場SEがサーフィンUSA(ビーチボーイズ)
そういやROCK ODYSSEYの時もこれだったね。この曲が野外ライブのイメージなのかな(笑)
JINさん&KAZ・JINさん初めて仮面なし(KISS風というかデーモン閣下風なメイクと頭)
・KAZにヒゲが…

カッコイイというか変と思うかはその人次第ってことで…
・KAZのギターソロでバナナ食う四人
これドッキリだったのかな。KAZがカッコつけてギター弾いてるときに下手で4人並んでモグモグモグ…
!?Σ(゚Д゚;) みたいな感じになってた。
・5~6曲やってすぐ退場
ここでやった曲はツアー中出番の少なかった曲がメイン?
エバグリ日本語バージョンはカンペ見ながら(笑)

HYDEの浴衣・浴衣着て出てきた
ほかの人は草履履いてるのにHYDEだけ下にパンツとブーツ(ガード固いな…)。でもはだけた合わせからちょっと見えた乳首チラは見逃さない(笑)
浴衣+中折れ帽子はSHAM03の時と同じようなスタイリングですね。浴衣の柄はこちらのページ参照ってことで…(描くの面倒;)
・ここでストリートライブ風の演出。
FURUTONはボンゴ、JUNさんはピアニカ。
バーのカウンターにあるような椅子に座ってやってたんだけど、一回座ってしまうと降りられないらしく(笑)、足下にある水を取るのにスタッフをいちいち呼ぶHYDEがかわいかった。
・少年時代(井上陽水)やった
KAZ、HIROKI、FURUTONが引っ込んだ後に「この夏一番聴いてた曲なんですけど…」といって、この曲を歌う。すごい良かったよ。ああやっぱHYDEには一回カヴァーアルバム出して欲しいなぁ。

・また引っ込んでからいつも通りのライブ
第九が鳴って、後ろにキリストのバックドロップがするする上がってくる。
・MCはハブクラゲの話
「刺されると痛い?」「死んじゃう?」とか。
ハブクラゲは刺されると痛いよ!超弩級に痛いよ!死ぬほど痛いよ!(経験者) でも別に死にませんから(笑)
・KAZとHYDEのギターバトル
花道の両脇に立って、「Prayer」の初めのギター音弾きながら1歩づつ近づく。
HYDEがKAZのギターに「うっ!やられたっ」ってポーズをとるが、HYDEがギターを鳴らすとKAZは「ん?あっちに行った?」みたいに視線を後ろに。最後はKAZに命中。
・アンコールで裸
あんまり脱ぐと価値がデフレ起こすからやめてください、いえもっと見せてください(矛盾)
よくよく見ると結構ギャランドゥありますね。臍から下にうっすら黒いオーラが!ちなみに今日のパンチラはグレーでした(笑)
・KAZのMCの時HYDEからKAZにキス(未遂)
「(HYDEバンドが)気持ち悪いぐらい仲良くって~…」という話をしたとき、あぐらかいて座ってるKAZの後ろに近寄ってほっぺにキス。ええでも未遂でしたとも。ほっぺまでの距離あと0.5cmぐらい。「キスするふりした」って感じではなく、「キスしようと顔近づけたけどギリギリ届かなかった」みたいな感じ。
・FIRST SONGに歌詞が
いままでインストゥルメンタルだったけど、この日初めて歌詞が付いた。つってもハッキリ聞き取れる感じではなく、英語だかなんだかわからない例のハイド語で。
・GLAMOROUS SKYやった。
鹿児島でやったて話を聞いたときは見れなかった悔しさの余り身がよじれそうになったけど、見た人が「いやーそれほどいいもんじゃ…」とかいうから気になって(笑) なるほどこりゃ確かに下手だ(笑)
HYDE本人も「(この曲)声高いんだよ!」つってたけど。
・最後にシャンパン開ける
振ってから席に向けて栓を開ける。さらにそれを飲んでから吹き出す。またしてもかかったぜ!御利益御利益!
でも妖怪汁の比じゃなく目にはいると痛いッス。
・フルトンがHYDE肩車して退場
なんかあのフトモモから担ぎたくなるオーラでも出てるんでしょうか…。
ああ、ライブ後から満足感と高揚感と喪失感とをないまぜにしたようななにかが、ずっと胸につっかえてるような感じだよ。
明日から仕事できるのかしら私…。

-diary, larc