YoungYoung

オリジナル&芸能人(主にラルク)のイラストと、レビュー、日記などのごった煮サイト

diary larc media

さすがパンクな国

→British followers of Japanese fashion
イギリスで 「ガングロ・ヤマンバ」 メイクする若者がいるそうで。
日本ではほぼ絶滅したと思っていたのに思いもよらぬ所からwwwww
うーん、日本でモヒカンとかロンドンパンクボーイなカッコしてるようなもんか?(何かが違う)
上のリンクの動画でイギリスギャルが、”Ganguro”とか語ってるの見ると(ノ∀`)アッチャーアタタタ
まあさすがにこんなのが大勢いるわけじゃないんだろうけど…。
先日、ヨーロッパ在住のライネさんとたまたまVAMPARKの回が一緒だったので、これはチャンスと連絡をとって、ランチしつつ「ヨーロッパにおけるラルクってどんな感じなんですか?」というお話しをお伺いする機会があったんですが(その節はありがとうございます)
「ヨーロッパでのここ近年のちょっとした日本ブームみたいのがあって、それがあったから、ラルクのフランス公演も実現したと思うんだけど、中には「J-POPはしょせんアニヲタの人が聞いてるだけだよ」みたいなことを言う人がいるし、本当に人気あるのか、向こうの人にどの程度受け入れられてるのか、それが日本にいると全然わからない」
という話をしたら
「きっかけはアニメだったとしても、ラルクのライブに来てるのはもはやアニヲタだけではないし、ラルクの音楽が好きで集まってきてる。
何故か日本人が日本の文化を一番卑下している。
日本人が考えている以上に日本は個性的だし、すごい国だし、もっと自信を持ってていい!」
って言ってらして、ハッと気がついたんですよ。
ファンである自分が、彼らが愛されてる事に対して懐疑的でどうするんだと。
うんうんそうだよねイイハナシダナーと思っていたのに…。
しかしこの文化はさすがに卑下せざるをえないwwwww
申し訳ない気持ちでいっぱいになるわこんなん…。
せめてギャル系メイクとパラパラぐらいで止めといてくれー
ヤマンバまでいかないでくれー(´д`;)

-diary, larc, media