YoungYoung

オリジナル&芸能人(主にラルク)のイラストと、レビュー、日記などのごった煮サイト

diary various

久しぶりにネオユニヴァース

ネオユニヴァースの初年度種付け料は300万円だそうな。(→参照
まあこんなもんかなーともおもいつつ、同じノーザンダンサーの血を含まない皐月賞馬、アグネスタキオンが500万円だということを考えると、ちょっと不本意な値段ですねー。
ダービー優勝直後に引退したら同じぐらい取れたんだろうに、弱点も露呈した後に引退しちゃったからなぁ。(ちなみにネオの父、サンデーサイレンスは最高時で3000万円だったそうな。種付け一回で家が建つ値段…/汗)
ただでさえダブついてるサンデーサイレンス系種牡馬、これから競走馬時代よりも激しい生き残り競争が待ってるだろうけど頑張って欲しいところです。
大抵種付け料ってのは、初年度は高い。
そして、その後の産駒の成績によって上下するんだけど、まあ大抵は下落する。
それでも、競走馬のブリーダーは新種牡馬に期待する。手元の2ペアやストレートよりも、ロイヤルストレートフラッシュかもブタかもしれない未知のカードに期待を寄せるからだ。
やっぱ競馬はロマンなんスよ。

-diary, various