YoungYoung

オリジナル&芸能人(主にラルク)のイラストと、レビュー、日記などのごった煮サイト

diary various

中国地方旅日記その3

ここから先は特に遭遇記などはありません。
個人的な日記ですので読み飛ばしていただいて可(笑)


6/25 米子→岡山。
米子駅でまた偶然hさんと遭遇。…したのでまたHYDE様とその護衛隊一同が来るんじゃないかと思ったけど、特にそんなことはなく(笑)普通に岡山まで移動。途中爆睡。
倉敷まで出て大原美術館に行こうかとも思ってたんだけど、天気が悪かったこと、昨日無駄に心拍数が上がって疲れてたことなどで、やめ。岡山城へ行く。
岡山城岡山城は「烏城(うじょう)」の別名が示すとおり、外見が黒い。
悪の城主様とかがいそうな雰囲気でカッコイイ。
しばらくぼーっと眺め、お堀付近で白鳥と戯れた後、ライブ会場へ。

6/26 岡山→尾道
この日はライブ無しなので尾道で観光。
尾道に行こうと思ったのは、小沢健二の「ブルー構造のブルース」って曲の中に『ここは静かな街尾道』って歌詞があって、ずっと行きたいと思ってた街でして。
…もうこれ10年前の曲なんだけどね。
そんなおり、広島在住ほとりさんから「広島来るなら観光案内しますよー」という有り難いお申し出を頂いて、さらには家に泊めて貰う約束まで取り付けたので(コラー!)、一緒に尾道をまわることに。
朱華園そんなわけで尾道についてまずはお昼御飯ってことで尾道ラーメン。
尾道で一番の有名店という「朱華園」へ連れてってもらう。店の中は混んでたけど、店の人が対応が慣れてテキパキしてたので特に不快感もなく。
魚介ダシの効いた甘い醤油味とネギと背脂が(゚д゚)ウマー。ワンタンも肉が詰まってて◎。

ロープウェー昼食後ロープウェーに乗って山頂まで。
うーん、ちょっと雨が…。

尾道の景色山頂から見た、尾道の景色。
ここ、本当にいい!
なんていうんだろ、自然と人工物のミックス具合が美しいんだよね。
海と橋と島々と、昭和を感じさせる寂れた感じの造船工場がまた情緒があって。
雨が降ったりやんだりの天候でどうかなーと思ってたんだけど、その雲のかかり具合も絵になる感じで。
ここにいたときめちゃくちゃ無口だったと思います。
すみませんでした(笑)

その後、ほとりさん宅へ。
…えーっと、素で家の中で迷うんですけど(汗)
一体この家何部屋あるんですか…。
夜、布団でごろごろしながらごちゃまぜを聞く。
関東だとMBSはまったく入らないので、初めて聞いたんですが……3局ぐらい音声混じってて会話がよくわかんなかった(笑)
そんななかCreature×2の「パラダイス」が流れる。「頭振れーーー!」って感じの、ちょっと懐かしい感じのV系ROCKっぽいイメージとでも言うか。
天嘉で聴いたときは、もっとインダストリアル色が強いユニットな気がしてたんだけど、シングルはそうでもないのかな。はてさて。
6/27 広島市内へ
昨日一昨日の天気とは一転して暑い…めちゃんこ暑い。
でも暑くてもお好み焼きは食べる(笑)
遠征の楽しみは「食」にあると思ってるので、コンビニごはんだと負けた気分になります。(それでいうと今回の旅は結構負けてる)
夜ライブ後、同じホテルに宿泊することになったIさんとダラダラ話。
最近KAZが好きだというIさんの為に、ホテルのメモ帳に記憶絵でKAZを描いてみたらあまりにも酷くて(笑)、
I「絵の横に『KAZ』って書いとけば、なんとかKAZに見えなくも……うーん…」
ちょwwおまwwww少しはフォローしてよwwwwwwww
今度はIさんの携帯待ち受けのKAZ画像を見ながら描く。(つかいつの間に待ち受けがKAZに…)
I「あ、これなら『KAZ』って書かなくても大丈夫」
とりあえずOKが出た模様。
その「あまりにも酷いKAZ絵」はIさんが持って行ってしまったので、封印。
6/28 広島→羽田
朝一の飛行機で東京戻ってそのまま出勤。
なんか朝起きてから喉が痛いなぁと思っていたら、さっそく体調崩しました…。
つ、次の旅までに治さなくっちゃだわよ。

-diary, various