YoungYoung

オリジナル&芸能人(主にラルク)のイラストと、レビュー、日記などのごった煮サイト

diary various

四国・中国旅行日記その3

6/25 10:30
香川→愛媛へ向けて出発。高松駅集合。昨日の4人に加えて、ウリさんCさんが合流。
うちの車は後ろの荷物スペースを起こすと3列シートになるタイプの車なんだが、いやーもう車内が狭い狭い(笑)(そのぶん安く移動することが出来たけど)
普通に乗ってるだけならそうでもないんだろうけど、全員カート持参だからなぁ…。


実はFC先行の愛媛チケがken前最前列キター!ので相当浮き足立ってたんですが、出発前に他の人から「そういやウリさんも愛媛ken前最前らしいですよ」という話を聞たので、まさかと思いつつ確認してみたら、案の定お隣同士でした。
わぁ~もうすっごい偶然ー☆('A`)(待てその顔文字は何だ)
ヤン「今日は何かネタ仕込んでるんですか。ビキニとか胸強調アイテムとか。」
ウリ「いやいや私の場合胸はhydeのBカップに負けるんで。えりさんはあれですか、パンクの時『カラオケに来てるようだぁー!』って言うんですか」
ヤン「…それ言ったら確実に殺されますよ……」

6/25 14:00
愛媛到着。道後温泉でウリさんCさんを下ろし、その後新城さん涼さんを松山で下ろした後、道後グランドホテルにチェックイン。値段の割によさげなホテルでした。フロントの人が坊ちゃんコスしてた(笑)(書生さんのカッコ)
坊ちゃん6/25 15:30
のぶさんと二人で道後温泉本館へ。
道後温泉までの商店街が、柑橘系のたべものと、坊ちゃんのアイテムだらけだー。
もう道後温泉は坊ちゃんの街なんだね。
坊ちゃんが出来る前の道後温泉周辺って何売ってたんだろ。

道後温泉本館6/25 16:00
おおーこれが道後温泉本館かー!「千と千尋の神隠し」の建物みたいだ。
よーしパパさっそく温泉入っちゃうぞ~…って、ん??くんくん……なんか温泉がすげー塩素くさいんですけど…。
衛生問題があるから(観光客が多いところだし)しょうがないとはいえ、この塩素臭はもーちょっとなんとかならんもんですかね(;´д`)
単純にお湯だけを評価するなら、ほかの温泉の方がいいような気がする。
でも道後温泉そのものはとてもいい場所だと思います。重要文化財の建物で入る温泉なんて、そうそうないしね。

道後温泉大広間6/25 17:00
温泉に浸かってすっかりダラける。
大広間で涼みながら商店街を見下ろすと、浴衣で街を散策してる人がけっこういるようだ。同じ浴衣の人たちは、どっかのホテルで貸し出ししてるのかな。
その中で金子先生の蝙蝠浴衣の人発見。他にもラルクファンと思わしき人の姿もチラホラ。
さーてそろそろライブに行くかねぇ。

寿司屋6/25 21:00
ライブ終了。のぶさん新城さんと3人で道後温泉近くの寿司屋で乾杯。
愛媛はなんだか贅沢づくしだな。
いいホテル泊まって、いいライブ見て、いいご飯食べて、いいお酒飲んで、学生時代には出来ない大人の遠征旅行だよね(笑)(さすがに全部これで通すほどの金は持ってないが…)
ヤン「でもさー、道後温泉の街を見てて思ったんだけど、100年前は文学が「若者の流行文化」で、夏目漱石は「ヒットメーカー」で、坊ちゃんはその「大ヒット作」だったわけじゃん?なら後100年ぐらいしたら、茅ヶ崎がサザンで町興ししたり、お土産で『サザンまんじゅう』とかが売られちゃったりするんかな?」
新城「すでにありそうな勢いですよね、サザンまんじゅう。」
ヤン「サザンビーチって名前の海岸ならあるけどね。ラルクはどうなってるのかなー」
のぶ「ラルクまんじゅうは欲しいような欲しくないような…」


6/26 11:00
のぶさんを松山空港へ送った後、ライブで剥がれてしまったスカルプチュアを直そうと思って、携帯でネイルサロン検索したら、何故か全部閉まってた。3店も回ったのに(´Д⊂
しょうがないのでそのまま放置。島根までの一人旅へ。
6/26 14:00
愛媛から本州に渡るのにしまなみ海道ルートで行ってみる。
快晴で、海も青くて、サイっコーにきんもちいいいいいい!
気持ちよすぎて写真撮るの忘れた(笑)
本当に綺麗な景色だったのでお見せできず残念。ドライブが好きな人は是非行ってみてください。
6/26 15:00
尾道着。そういえば去年も6/26に尾道来たんだよね。
当然のようにここでラーメン(笑)
今年行った店はスープはそこそこだったけど麺がイマイチじゃった…。トータルバランスでは去年の朱華園の方が好みかなぁ。あともう1軒行ったけどそっちはもう論外だった。フードコートでもないのに業務用スープとかありえん。観光地のご当地ラーメン屋だからつってナメすぎだろ。このまま行くと尾道ラーメンも札幌ラーメンのような道を辿りそうだなぁ…。
6/26 20:00
出雲の湯の川温泉泊。
いやー旅館は今まで泊まった中でも最低の部類だったね(笑)
昭和40年代にタイムスリップしたような建物(古い汚い)はともかくとして、部屋の清掃とかサービスの質もその時代で止まってんじゃないのか!?ここで旅館名晒してやろうかと思うぐらい酷いかった…。
浴室は広いとも綺麗とも言えないけど、温泉だけはしっかりした源泉掛け流しで、そこは良かった。ほんとにそこだけ(笑)
25日と26日夜の落差がすげえ泣ける…。
しつこいがまだつづく。

-diary, various