映画版DMCの音楽

NO IMAGE
 iTunes Store(Japan)一連のシングル&アルバムがiTunes Music Storeに配信されてたので買ってしまった。 (このバナーだと「魔界遊戯」に直リンクするので、アーティスト名の「デトロイト・メタル・シティ」から他のに飛べます) 「甘い恋人」のメロが頭から離れん…(´д`;) そこらへんさすがカジヒデキというか、だめだよこれじゃ売れちゃうよw DMCはアマからプロまでいろんな方が作中の曲を(勝手に)作ってネットにアップされてたり、一部で売られてたりしますけど、聴いた中ではこれが「甘い恋人」のベストだな。 ゆえに「本当にやりたい渋谷系の音楽では認められない」という、根岸くん的に考えるとピッタリじゃないとも言えるけど(笑) そして映画版ではほとんど出てこないけど、「ラズベリーキッス」は名曲だとオモタ。いやマジで。 変拍子入るところがキュンキュンくる。
DMCサイドの曲の方は賛否両論つーか、低い評価してる人の大半が「こんなのメタルじゃねえ」「メタルが誤解される」って意見だけど、あの漫画のメタルになにを求めてるのかと(笑) テニプリ読んで「こんなのテニスじゃねえ」とか言うのと、同じぐらいバカらしいと思うんだけどなー。(聴いてる方だって、いかなゆとりでも「おおっこれがメタル音楽!」とか誰も思ってないじゃろ…) まあ確かに、ボーカルがもーちょいデスボイスだといいなと思いますが。 しかし「リスナーはこんな音楽も購入してます」の欄に、LOVE ADDICTが出てくるのはなんとかならんものかwwww そりゃ関連性はあるけどさ。 「DMC信者がK.A.Zに興味を持ってVAMPSを買った」のか 「ラルヲタがDMCに興味を持ってSATSUGAIを買った」のか 気になるところです。

musicカテゴリの最新記事