YoungYoung

オリジナル&芸能人(主にラルク)のイラストと、レビュー、日記などのごった煮サイト

review movie

THIS IS IT見てきた

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]マイケル・ジャクソン THIS IS IT
IMAXシアターで見てきたんだけどやっぱ音がいいねえ。
初めてTHXのズワーーーーンって音聞いたときは「おおおおお(゚∀゚)」って感動したの覚えてるけど、そんな感じのブルブル感があったよ。
普通のシアタールームよりちょっとお値段高めなんですが、お客さん結構いっぱいでした。

 
で、THIS IS ITなんですが
いやーもうね、泣いた。(そういう映画じゃないはずだ/笑)
内容的にはドキュメントと、スタッフのインタビューと、リハーサル映像と、コンサートの背景に流す予定だった映像を編集したフィルムなんだけど、「コンサートを成功させよう!!」っていう人達(”チーム・MJ”とでも言うべきか)が一丸となって突き進んでいく姿が、コメットさんのことも相成って余計泣けた。
MJが好きな人向けではあるけど、コンサートを見ることが好きな人には是非見て欲しいなこれ。


MJの往年の姿を知ってるファンにとっては、今回やる予定だったツアーってすごく不安だったと思うんですよ。
ずっとやるやるゆってて長引いてたから、今回こそはちゃんとやるの?っていうのと、10年ぐらい開店休業に近い状態だったから身体は動くのか大丈夫なのか?っていうのがあって。
でもこれ見たら「キング・オブ・ポップスにそんな心配してすみませんでした!!」って謝りたい気分。
もちろんMJだって歳はとるし、そもそもリハーサル映像だから常に100%で踊ってないし歌ってないし、往年の姿と比較してもしょうがないんだけど、MJがワールドツアーをやります!つってお客さん集めてショウとして見せるのにこりゃ問題だよ、ってレベルだったらガッカリするじゃない。
ツアー初日を迎えずに亡くなっちゃったことがホントに残念でならないっす。
せめてあと2週間死ぬのが遅ければって。
見所はいっぱいあると思うんですが、個人的にはBilly Jeanのダンスソロとそれを見守るバックダンサーに愛されすぎマイコーと、Black or Whiteのスラッシュの役を、金髪のロックガールみたいなギタリストがやってたんだけど(雰囲気的にはがたいのいいアヴリルみたいのを想像すると近いかと)、マイコーとの組み合わせがカッコいい。
しかしマイコーは「こうしたい」ってヴィジョンが完全に頭の中にあって、それを周りがなんとかして実現させるっていうスタイルなのか、結構注文が細かい。
キーボードの人に「テンポをもう少し下げてくれ」って指示するのに、「ベッドから這い出るように」「月の光に浸されるように」とか、なんでそんないちいち詩的表現なんだよとか(笑)
具体的なんだかわかりにくいんだかわからんw
こういう人が会社の上司だったらすんげー苦労しそうだな…。

-review, movie