YoungYoung

オリジナル&芸能人(主にラルク)のイラストと、レビュー、日記などのごった煮サイト

review movie

アリス・イン・ワンダーランド

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]アリス・イン・ワンダーランド
GWで混む前に観に行ってきました。
アリス×ティムバートン×ジョニーデップ、EDテーマはアヴリルラヴィーンとこれまさしく観に行かないはずもないってぐらいの組み合わせで、最初に情報が出て来たときからすごく楽しみにしてたんですよ。
映画のポスターとかグッズみてると、マッドハッター(ジョニーデップ)ものばっかりで、「これはマッドハッターが主役の映画なのか!?」と思ってたんですが、中身はちゃんとアリスが主役でした(笑)


で、見てきた感想は……うーん、……うーーーーん…
ストーリーがめちゃくちゃってわけでも、世界観クラッシャーってわけでも、ましてやクソ映画ってわけでもないんだけど、もーちょっとハリウッド臭少なめでも良かったんじゃないかと…。
世の人がアリスやティムバートン映画に求めてるのはそういうことじゃないと思うんだが;
私の期待値が高すぎたのかな…。
アリス役の人も、ものすごく白くて透けるような陶器肌なのに、いかんせんハンバーガー食べて育ったアリスみたいな(笑)
そんな肉体的なたくましさはいらんだろ!
マッドハッターもあの中だとわりとマトモな人に見えちゃう不思議!
あでもデザインやカラーリング的には期待通りでした。
サイケデリックな感じというか、ティムバートンでアリスならこうだよね、ってところにズドーンとストライク。
アリス衣装のお色直しが多いのも楽しい。
前にアバター3D観たときに字幕が宙に浮いてる感じがちょっとウザくて、今回は吹き替えで観たんですけど、赤の女王の吹き替えが朴ろ美で「へぇアンタもナナっていうんだ」……じゃなくて「首をはねておしまい!」ってああいう声も出せるんですね。
三月うさぎが大川透ってのも全然気がつかなかった…。
でもパンフ観たら元のキャラクター声いろんな大物が担当してて、そっちでみればよかったかなーともちょっと思った。
映画とは関係ないんだけど、アリスと言えば、iPadの「Alice for the iPad」がすばらしくキュンキュンする…。
小さい頃夢で見た電子書籍ってこういうのだよね。

-review, movie